自分のスタンスを持つ

どこまで頑張れるか?
うさぎさんたちは、飼い主を楽しませるために生まれてきたといってもいいすぎではありません。綺麗事を言ってもやはり、そういうものだと思います。飼い主である自分たちがどこまでならできるか?これが一番大事です。自分たちが潰れてしまうほど頑張ってはもともこうもありません。飼い主さんたちが元気でいられることがうさぎさんたちの願いでもあると思います。日頃から、こういう時にはどうしようか、ということをシュミレーションしておくといいかもしれません。
うさぎの介護
犬や猫とは違うんだしと思っていましたが、介護のようなことがやはり、年を取ってくると出てきます。うちの場合はまだですが、普通に高齢のうさぎには介護の話がついてまわります。そのため、動物病院もかかりつけとなるようです。もはや、介護になると、飼い主の力で助けていくという感じなのかも知れません。

実感としてはあまりまだもってはいないのですが、多分、病院に入院させていればおそらく生存しつづけるでしょう。しかし、そういうことをする飼い主はあまりいないでしょう。もちろん、人間は入院してでもとおもいますが。

また、医療費がかかりすぎて、とても癒しのペットではなくなってしまうのかと思っていいたのですが、長いことうさぎを飼っていると、だいぶ自分たちで、動物病院でやるようなことも一部はできるようになっているかもしれません。また、介護というより、そういう飼育であり、それはそれで日々の中で楽しいこともあると思います。ただ、餌のあげ方が、人から与えないといけなくなったりということもあるかもしれませんが、多分、かわいさは変わらないのだと思います。




おすすめのページ!







おすすめの商品


【WARE MANUFACTURING】ラビットケージ プレミアムハッチMサイズ

HOEI 兼六(BH-2) ステンレス【受注生産】

ページのトップへ戻る